読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webライター主婦やってます。

高知でwebライターやってる、ゆとり世代の3児ママ。お仕事とか育児、商品レビューとかいろいろ。

乳幼児の英語教育は何歳から?そもそも子供に英語教育は必要?学習方法は?

近年はグローバル化が進み、子供のころから英語教育を行うべきという風潮があります。

子供の英語教育について悩んでいる親世代の中には「英語は苦手」「あまり馴染みがない」という方も多いでしょう。

実際に英語教育はこれからの時代どのくらい必要なのか?何歳からどういったものを行えばいいのか? 

子供、特に就学前の乳幼児からの英語教育についてご紹介します。

英語教育は何歳から始めるべき?

images (3)

「英語教育は0歳から始めるべき」とよく聞きますが、実際にはそうとは限りません。

もちろん、早くから英語に慣れていれば英語教育をスムーズに取り入れられるでしょう。

ですが0歳から始めなければ身につかないというわけではありません。

英語はもちろん、子供が言語を覚えるには「自分の思いを伝えたい」という意思を芽生えさせることが重要です。

それが0歳でも幼児でも小学生でも中学生でも…年齢が違っても意思が芽生えさえすれば英語は身に着けることができます。

子供が英語に興味を持ったときが始めどき

英語教育は「子供が英語に興味を持ったときが始めどき」ということが前提です。

しかし、よりスムーズに英語教育に親しみを持ってほしいと考えるなら、

5歳までに英語教育を体験させるといいと言われています。  何故なら、5歳までの子供は聞いた言葉をそのまま覚え、反復する能力が高いからです。 

人間の成長とともに語学をどのように理解するかには差異があり、まずは5歳までのタームで考えることが可能です。この5歳までの年齢に覚えた言語という物を、人は『母国語』のように生涯扱うことが可能です。 参照元外国語を習得できるのは何歳まで?幼児期からのバイリンガル教育の方法 | TOEIC攻略のツボ

子供にとってのベストタイミングを見極める

1歳半までには英語の基礎が頭の中で出来あがる・「耳がいい」と言われるのは2歳までといった意見が多くみられますがそれはあくまでも英語教材のセールストーク

一般的に言われている英語教育は早いほうがいいという言葉に惑わされず、子供が興味を持ったタイミングを見極めてあげることが重要です。

これからの時代における英語の必要性

board-64269_1280

平成23年に小学校の英語教育が始まり、今や子供のうちから英語教育を行うことは当たり前のこととなりました。

英会話教室や英語教材の利用者も増え、より関心が高まっていることが解ります。

自分は英語が得意でないという親御さんなら、「子供には英語を学んでほしい」「グローバルな人間になってほしい」「これからの時代には必要だ」と感じることが多いのではないでしょうか。

一方で、自分が生きている中で英語を使う機会はなく、必要性を感じないという意見も少なくありません。

実際のところ、これからの日本には英語は必要なのでしょうか?

英語が将来の選択肢を増やす

日常生活において英語が話せないからと言って困ることはほとんどないでしょう。

日本から出ないのであれば英語を使う機会はまずありません。

日本にいて英語を活用する機会となるのは、もっぱらビジネスシーンです。

大きい企業で海外を相手にしている場合は会議を英語で行う・海外の顧客と英語で会話する・海外出張があるなど英語が話せなければできない仕事がたくさんあります。

例えば中国を相手にしたビジネスであっても共用語として英語が使われる機会は少なくありません。

英語をマスターしていると、選べる仕事の幅もぐっと広がります。

外資系企業 ・海外向けの商品を扱う企業 ・貿易関係 ・バイヤー ・広告業 ・翻訳家 ・旅行・観光関係

少し考えただけでもこれだけの仕事があります。

海外を相手にする企業なら、すべて英語が必要不可欠です。

英語が話せる、それだけで将来進む道の選択肢が増えるということになります。 

幼児のうちは「英語を楽しむ」ことがポイント

images (2)

以前は中学生から英語教育を行っていました。

もちろん、そこから英語に興味を持ち、大人になってから学んで英語が話せるようになった人も沢山居ます。

重要なのは小さいころから学習をさせることではなく、「英語に興味をもってもらう」「英語を楽しませる」ことです。

正しい発音を学ばせたり、多くの単語を理解させようとする必要はそれほど高くありません。

もちろん、そうすることで早くから英語が話せるようになる子もいます。

しかし乳幼児のうちから英語に触れさせようと意識しすぎて、逆に英語が嫌いになってしまうという子もいるのです。

映像や音で英語を楽しむ

乳幼児にとってDVDやCDで英語に触れることはとても良いことです。

英語を楽しいと感じるために重要なプロセスとなりますし、親と一緒に歌や踊りなどを通して英語を学ぶことで親子間のコミュニケーションを深めることもできます。

子供に向き合いながら親子で一緒に英語に触れていきたいと考えているなら、英語のCDや子供向けの英語番組を見る、通信の英語教材を使って一緒に楽しむといった方法がおすすめです。 

ワンランク上の英語を学ぶなら英会話

より質の高い英語に触れてほしいなら英会話教室などで外国の方とコミュニケーションをとるのもいいでしょう。

子供によって合う・合わないがあるので、始める前には体験などを行い、様子を見てみるといいでしょう。 英会話は難しく感じる方が多いですが、近年需要が高まっている乳幼児向けの英会話教室では音楽や踊りを通した英会話が行われています。

徹底的にレッスンの質と講師にこだわった【ジオスオンライン】

どの方法を選んでも子供が楽める英語教育を行うことが最も重要です。

あまり興味が無いようなら強要しないよう注意しましょう。

英語が好きになる教育を

images (4)

何歳から始めるとしても、0歳から6歳までの間の就学前乳幼児の場合は、「英語が好きになる教育」を心がけてあげることが大切です。

英語に限らず子供に何か教育をさせる際には、

・強要しない ・楽しませる ・一緒になって学ぶ 

ということが大切です。子供に英語を学ばせたいと思ったなら、この機会に自分も積極的に英語に触れるようにしていきましょう。

その親の姿を見て子供は様々なことを学びます。

自分だけで学ぶのは小学生になってからでも全く遅くありません。

乳幼児のうちは親子で一緒に学びながら、教育の土台となる部分を育ててあげましょう。