読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webライター主婦やってます。

高知でwebライターやってる、ゆとり世代の3児ママ。お仕事とか育児、商品レビューとかいろいろ。

いわさきちひろの絵本の魅力

我が家では、夜寝る前に絵本を読む、というのをやっています。

忙しくて読めない日もあるけど、ここ1年はほぼ毎日。

その中でも私がお気に入りなのは、いわさきちひろさんが描いた絵の入ってるもの。
飾っておきたくなるくらい素敵な絵は、文がなくても心揺さぶられます。
もちろん、文もすてきだけどね!

というわけで、我が家にあるいわさきちひろの本でおすすめを3冊ピックアップ。

おふろでちゃぷちゃぷ

おふろでちゃぷちゃぷ (松谷みよ子あかちゃんの本)

おふろでちゃぷちゃぷ (松谷みよ子あかちゃんの本)

これはもう、一言。

ほっこり

赤ちゃん受けの良い絵本。
おしゃべりできるようになると、
「あひるさん!」って喜んだり、
服を脱ぐところが面白いらしく、読むと楽しそうにしてくれます。
お風呂嫌いの子に良いかも?
我が子たちは、お風呂全く嫌がったことがないけど…

あかちゃんのうた

わらべうた的な短編がいくつも入ってる本。
これみながら勝手にメロディーつけて子供たちと遊んだなあ。
娘2歳、息子0歳くらいのときは、毎日1ページずつ読んでました。
詩集に絵が沿えてある感じの本なので、
大人からすると作品集っぽい感覚で読めます。

あかちゃんに聞かせたい柔らかくて優しい言葉たちに、
あかちゃんに見せたい柔らかくて優しい絵。
癒されます。


上の二つは、いわさきちひろ×松谷みよこ
の黄金コンビの作品です。

にんぎょひめ

言わずと知れたアンデルセンの名作。
小学生一年生の時から持ってて、今でもお気に入り。
というか、これを越える絵本がない。
私が一番好きな作品です。

元々かなり悲恋な物語だけど、いわさきちひろワールドに取り込まれて更に悲恋感が増してます。
内容的には4歳の娘は、まだいまいちピンと来てないみたいだけど、解りやすいハッピーエンドばかりのお話しだけじゃなく、こういう話も聞かせたいよね。

一目惚れした相手に合うために、声を失い、足はついたものの歩くたびに刺すように痛むなんて、人魚姫よ…つらい。
そしてこの本で人魚姫が末っ子ということを知る。

本当に何回読んでも泣いちゃう。
曽野綾子さんが文作ってるんだけどね、言葉のチョイスが泣かせてくるのです。
そこに追い討ちをかけるいわさきちひろの絵。

人魚姫がナイフを持って王子の元へ行くと、王子は王女を腕に抱きながら、寝言で王女を呼ぶ。
人魚姫はナイフを落とす。

このくだりがもう、辛すぎて。
現代のメンヘラーなら、寝言で王女の名を呼んだあたりでグサッといって、ついでに王女かっさばいて

「中に誰もいないじゃない」

ぐらい言いそうなドロドロ展開。
しかし、人魚姫はそうじゃない。


直後、命のタイムリミットがくるのだが、この絵本では「悲しみではなく、人を愛した喜びに包まれながら」泡になる。

なんて悲しい、切ない。
なのに心があったかくなる…。
不思議な感覚になります。

何より、さいごのあとがきが素晴らしい。
このために買う価値あるくらい。

人魚姫に関しては思い入れが強すぎて長くなりましたが、いわさきちひろは素晴らしいってことで。


画集も買いたいな。
お部屋に飾りたい絵本、ですね。

ちひろ 花の画集

ちひろ 花の画集