Webライター主婦やってます。

高知でwebライターやってる、ゆとり世代の3児ママ。お仕事とか育児、商品レビューとかいろいろ。

肉体労働者の旦那のために、「うどん弁当」始めました。熱中症対策にオススメ

主人は肉体労働者。

そして代謝が良く汗っかきなので、暑くなってくると

・体がつる

・顔色が悪くなる

・帰りたくて帰りたくて震える

といった症状が出てきます。

 

お弁当も夏場は米だけ残して帰ってくることもしばしば…

夏場の米ってどうしてもニチャァ・・・・

ってなりますしね。

 

そこで、

暑くてバテ気味なときでもすんなり食べられるもの

適度に塩分が摂取できるもの

ってなんだろう…?と考えて行きついたのが「うどん弁当」でした。

 

f:id:nyogurtn:20170715002043j:plain

 

 

作り方はいたってシンプル。

 

お湯を沸かす

残り物や作り置きおかず、冷凍食品を温める

冷凍うどんを1分ゆがく

うどんを水で洗う

おかずとうどんを詰めて、薬味を乗せる

完成!!!

 

5分くらいでできるよ、マジで。

 

時間が経つと麺と麺がちょっとくっついてしまうので、めんつゆと氷を水筒に少し多めにいれておけばOK。たっぷりめにめんつゆかけて麺と麺をほぐして食べられます~。

 

まあこれが大好評。

やっぱり麺類ってツルツルっといけるので食べやすいみたい。

もともとうどんも好きだし。めんつゆは結構塩分があるので、塩分補給という点でもいい感じ。

熱中症対策を意識するとなると、薬味に梅干しとか入れるとかなりいいかも。柑橘類添えとくとか。すだちとか。

 

そばと冷麺とうどんとそうめんをローテーションでやっていこうかなと思っております。

もちろんコンビニでもこういう夏に食べやすい麺類売ってるけど、

山仕事ばっかりなので近くにコンビニが無いことも多い。

そうなるとお弁当つくらなくちゃなんだけど、作る側にもメリットが多い。

 

・短時間で出来る。

朝の忙しい時間帯に「時短」できるのはありがたい。

・米を沢山詰めるより断然安い。

5食分200円くらいの冷凍うどんなら1食40円だし、おかずの分入れても1食100円~200円くらいで作れる。

 

ランチボウルマジ万能!

f:id:nyogurtn:20170715003252j:plain

麺を入れているお弁当箱は、ランチボウルってやつです。

これは貰ったもので本当に便利~!

1,000円くらいで買えるものが多いかな。

容量は上が280mL 下が420mlです。

↑は細麺のうどんを1玉入れた感じ。

 

このランチボウルはカラバリも豊富。